本文へ移動

SNシリーズ

制御部本体がコンパクトになりました。(取付面積従来比 23%減)
各設定をデジタル表示で確認でき、設定も簡単です。
従来運転モードに加え、『eco』運転モード※を追加しました。
手動出力が時限式となり、最大8時間後に自動運転に復帰します。
降雪検知方式は30年以上の実績を誇る受雪板方式です。
センサー部は防錆・耐候性に優れ、定期的なメンテナンスは不要です。

eco運転モード搭載

 eco運転モードとは、出力が一定時間連続でONした場合、残雪処理時間(標準設定3分)を出力時間に応じて短縮する運転モードです。
(従来の運転モードでは、降水または雪温がOFFした後、残雪処理が働き一定時間後に停止します。)

仕 様

  1. 電源 AC200V・50Hz/60Hz
    ※AC100Vの場合は御指示下さい。
  2. 出力 無電圧1a接点(接点容量 各AC200V5A)
  3. 接点構成
    降雪信号、凍結信号それぞれ単独1a接点出力です。

画像にマウスを乗せると拡大します。

接点構成

特 徴

各設定変更が簡単

ダイヤルスイッチで項目選択、UP/DOWNスイッチで簡単に変更できます。 設定項目も従来のスノーコンと同様です。

受雪板方式(雪温+降水)エコ運転機能搭載

降雪状況によりヒーターの発熱量が自動的に切り替わります。

仕 様

型番
(100V仕様)※1
SN-421
(SN-411)
SN-422
(SN-412)
SN-423
(SN-413)
SN-424
(SN-414)
電圧(V)
(100V仕様)※1
AC200
(AC100)
周波数(Hz)
50/60 兼用
周囲温度(℃)
センサー部:-20~+40 制御部:0~+40



構造
受雪板検知式(瞬時感知式)
特性
水分及び雪温特性の組合せによる検知方式
主要制御回路
16ビットCPUによるマイコン制御(フラッシュメモリー搭載)



降雪検知
電極間抵抗(抵抗値の低下を検出) 最高感度(0.01g/cm2・H以上)
気温検知
サーミスタの抵抗値変化を検出
出力信号
無電圧接点信号1a接点(接点許容電流:AC200V 5A)
消費電力
雪温=+4.0℃以上の時 5W以下
雪温=+4.0℃以上、降水=OFFの時 15W以下
雪温=+4.0℃以上、降水= ONの時 30W以下
雪温=-5.0℃以下の時 30W以下




型番
(100V仕様)※1
G-72
(G-71)
取付場所
屋外
材質
上面:FRP 側面:SUS 430
外観
上面:ダークブラウン 側面:ライトベージュ
重量(kg)
1.5
寸法(mm)
(高さ)×(横)×(奥行) 309×96×320
補助ヒーター


型番
(100V仕様)※1
N-21
(N-11)
N-22
(N-12)
N-23
(N-13)
N-24
(N-14)
取付場所
盤内組込
屋外
屋内
屋内・外兼用
本体型番
(100V仕様)※1
N-21
(N-11)
本体材質
アルミ
本体外観
シルバー
BOX材質
SPCC
本体:ABS樹脂
扉 :アクリル樹脂
BOX外観
ライトベージュ
(近似マンセル5Y7/1)
本体:ホワイトグレー
扉 :ライトスモーク
重量(kg)
1.2
12.5
10.5
3.0
寸法(mm)
(高さ)×(幅)×(奥行)
230×200×80
455×305×222
 
425×300×170
425×280×161
付属ケーブル(標準)
CA-SN05 (VCT・F6×0.75) 長さ5m
※延長される場合は必ず当社専用延長ケーブルを御使用ください。(5m単位・MAX50m)

凍結回路付(オプション)※3

型番
(100V仕様)※1
SN-421-I・422-I・423-I・424-I※2
SN-411-I・412-I・413-I・414-I
SN-421-II・422-II・423-II・424-II※2
SN-411-II・412-II・413-II・414-II
検出方法
路面埋設方式(専用温度センサ使用)
気温方式(センサー部雪温センサ併用)
入力信号
サーミスタの抵抗値変化を検出
出力信号
  無電圧接点信号1a接点(接点許容電流:AC200V 5A pf=0.4)
1 100V仕様は受注品。
 
2 凍結検知組込型を御注文される場合は、それぞれの型番の後に「-Ⅰ」(凍結温度センサーで制御)か「-Ⅱ」(雪温センサで制御)を付けてご注文ください。
 
3凍結検知組込型を散水道路融雪設備に使用した場合、散水した水が流末で凍結し、交通事故を引き起こ す恐れがあります。御使用にならないようにお願い致します。
TOPへ戻る