抜群の基本・設備機能

レイヤ

多数のレイヤや階層分けされたレイヤも、レイヤツールバーで簡単に選択できます。レイヤ一覧で、レイヤの追加・削除、名称の変更、さらに複数のレイヤに対する、表示・検出等の情報を一括で変更できます。便利なレイヤ分割一覧にも対応します。またAutoCADのByLayerに対応し、高い互換性が実現できます。

シート

シートを利用して、異縮尺・レイヤ・ペーパーレイアウトの切り替えができます。
異縮尺シート
 
シートグループごとに要素を区別でき、非カレント時の要素色、表示・検出・3D表示が設定できます。また同縮尺のシートは、設備部材の隠線や干渉チェックに対応します。
レイヤシート
 
レイヤの表示・非表示状態をシート形式で設定できます。
ペーパーレイアウトシート
 
ペーパーレイアウトをシートで確認できます。

図面の一括変換

図面内に作画した配線条数や機器・器具を検索し、配線注記表や機器・器具凡例表を自動で作画します。
その他、配線注釈、部材の取り付け高さの作画など多数の仕上げ機能を搭載します。

鋼材、フロアライン、切断記号

鋼材の作画・編集、フロアラインの作画、切断記号の作画等、多彩な作画・編集機能を搭載します。

干渉チェック

電気、配管、ダクト、建築部材に加え、機器・器具との干渉をチェックをします。リアルタイムの設定を有効にすることで、作画しながら即時チェックも可能です。干渉箇所は、2次元,3次元共に赤色で表示され、干渉部材を一目で確認できます。
干渉チェックイメージ
干渉チェックイメージ